あの子もみるって。。~社員たべのエッセイ~

最近ゲームにハマっている。

 

特にウイイレ(サッカーゲーム)にハマっていて休みの時間には一人でやっている。基本サッカーが好きで小中高はサッカー部だったし、今でも週末はテレビでの観戦はかかせなかったりでとにかく好きだ。たま~に楽しくボール蹴りたい!って思うが仕事上なかなかできないし友達も多くないのでそういう縁も無い(お誘いお待ちしてます・・)なのでゲーム上でその自分の思いをぶつけている。

しかも今のゲームのすごい所はネットワーク通信で見知らぬ誰かと対戦できることだ。地球上の誰かと今対戦してるって思うと燃えてくる。人と繋がってるって思うとこうもモチベーションが違うのねと人の根にある繋がりたい気持ちに気づかされる。また逆に本当の一人の時間って今の時代無いかもなあと思ったりもする。まあそんな様々な事を考えながら部屋で黙々コントローラーを手にして過ごしている。

 

始めてゲームにハマったのは小学生1~2年生の時だ(記憶上)

 

近所の友達の家にスーファミがあったのでみんなで集まっていた。しかし自分は操作するのではなく見てるだけで楽しい人で、とにかくずっと見て楽しむ(見ていて一番楽しかったのはやはりスーパーマリオ)。あと友達の家の棚とかにスーファミのカセットがいっぱいあるのをなんとなくすげ~!!って思っててよく眺めていた。そんな見るだけ満足少年だったがある時母さんが「ゲームボーイ」を買ってくれた(ゲームボーイ懐かしい)それと一緒にあるカセット買ってくれた。

 

「ポケットモンスター」(赤)

 

これは当時の自分には衝撃的な面白さ・・・まあその時は日本全土がポケモンの登場に衝撃を受けていたと思う。自分が住んでいたド田舎の町の小学生たちにもポケモンブームが始まり、話の話題はポケモンでどんなパーティー(先発選手みたいな)を組むのかとかあのポケモンゲットしたとかいう話題ばかりになった。そして自分が操作してゲームに入り込む面白さをポケモンで知った。そしてその頃ポケモン好きには欠かせないあるアイテムが出てくる・・・。

 

 

「通信ケーブル」

 

 

そう「通信ケーブル」というのはケーブルをゲームボーイ同士で繋げば友達と対戦できたりポケモンを交換できたりする代物だった。そしていつしかそれを持っている同年代の奴らのもとにみんな集まるという現象が起きた・・・。そうそのケーブルさえあれば人気者になれるのだ・・。通信ケーブル持ってるだけで・・・・これはすごい!と幼い自分ながらに思い、自分も欲しくて(人気者になりたくて)親にダダをこねた。

 

速攻で拒否された。

 

何度も何度もお願いしたが速攻で拒否された。

 

買ってもらえないショックですごく泣いた・・デパートとかで買ってもらえなくて泣きじゃくって親に迷惑かけちゃう子みたいな感じになった。

 

そんな時母がこんなことを言う・・・「風呂掃除一回で10円あげるからがんばりなさい」

 

確か通信ケーブルが1500円くらいだった気がするから150回くらいしたら買える・・・・今思うとがんばることを教えてくれたとも考えられるが、超ブラック企業みたいな提案でもある。子供の無垢な心を利用した母の完全なる策略であるとも思える。しかし当時ダダをこねるか手伝いをするしか稼ぎ方を知らなかったたべ少年は通信ケーブルが欲しいため(通信ケーブルを使って人気になりたいため)頑張る事を決意する。多分その時の母はしてやったりとか思っていたに違いない・・・。そして夕ご飯前の風呂掃除を始めた。働くうちに毎回10円もらえる喜びを感じた。

 

 

その後必死にがんばって150回がんばった・・!

 

 

ってストーリーになるはずもなく10回くらいで終わった。そしてその稼ぎはお菓子に消えていった。

 

 

その後すぐ自分のポケモンブームは終焉した。ゲームボーイもしなくなった。通信ケーブルの存在など忘れさられていった。

 

 

そして今この思い出を書いてて思った。ウイイレもいつか飽きるんだろうなあと。

 

 

前の記事へ

シリーズ「あの子もみるって。。~社員たべのエッセイ~」の記事一覧