日常の非日常 ge-cの頭ん中

40代になり、最近感じるのは、自分の成長よりも、スタッフさんや子供の成長や変化の方が嬉しいという事。

元々、教育というのが得意ではないけど、立場的に是正や指摘をする機会が増えて、それを素直に受け入れて行動に移しているスタッフさんや子供の姿をみると自分もそう在りたいと学ばせてもらってる。

僕が「人を育てる」ために大切にしてることは「理解してから理解される」と「何を言うかより誰が言うかが大事」。

だから人の話を10聞いて自分は1言うぐらいで在りたいし、あなたが言うなら聞きますという人間力と信頼関係を築く必要がある。

だから、僕なりの教育方法は何年もじっくり時間が必要。

前の記事へ

シリーズ「日常の非日常 ge-cの頭ん中」の記事一覧