元アルバイターゆうの生活

こんにちは〜〜!
ろたすの元アルバイターゆうです!!

先月から毎月25日更新と約束したのにすっかり忘れてました!すみません。


最近、会社でこんなことがあったんです。


私(昨日のミス朝早く行って直さなきゃ!)
いつもより1時間早く会社に到着
私(終わるかな〜終わらせなきゃな〜〜)
私(終わった!!!早起きして気持ち悪いお腹痛いトイレ!!!)

トイレがあるのは違う建物なのでドアを2枚開ける
2枚目閉じた!早く!と思ってトイレの方向見てる
朝だから電気もついていないので薄暗い
そのドアとトイレの中間地点に差し掛かった時、遠くの方から
???「あいさつもなし?!?!?!」
???「〇〇さんいまあいさつもしなかったよね?!?!?!」
〇〇さん「…××さんおはよう!え?あぁ…」

私(え?!なに?え?私のこと??)
トイレに入る
私(ミスしてめちゃくちゃ落ち込んでる時に、朝から知らない人にブチギレられた…)

〜3時間後〜

私(今更ムカムカしてきた。明るいところから暗いところに入ると目が慣れるまで時間かかるって中学生の時に習ったよね?!?!てかさ、気付いてるならあなたが挨拶すればいいじゃん!それだけじゃん!!!てかあなたと同じ社内にいるだけで仕事したことないし誰っすか?)


ってことがあったんです。


確かに挨拶しなかった私が悪いのかもしれない。
仕事したことないけど、目上の人だろうし、社内の人だから。

もっと原因をたどれば、私がミスをしなかったらその人と朝に会ってなかったから、こんなことにはならなかったのかもしれない。

その人は朝からイライラすることがあったのかもしれない。そんな時に目があったと思った年下の社員から挨拶されなくてさらに腹が立っただけなのかもしれない。


私の普通は
相手がどういう状況なのか自分には分からない(例えば、話している・集中している・体調不良など)んだから、自分が挨拶して欲しければ、自分からすればいいだけのこと。
自分の声が届かなかったのか、相手の人が自分に向けられた声なのか分からない時もある。
自分が挨拶しようと思って挨拶して、相手から返事こなくてもいいじゃーん!


でも
その人の普通は
どんな状況であろうと、年下や社歴が短い人が目上の人に挨拶するのは当たり前だ。

と思ってるのかもしれない。分からんけど。
(思い出してイライラしてきてちょっと口が悪いです)

そう、「普通」って普通じゃないことが多い。
自分は普通だって思ってても、他の人からしたら特別なのかもしれない。

他人の普通が自分からしたら特別に感じることもあるのかもしれない。

普通はこうだ。に沿って考えるのは時間の無駄だって気がついた。

今回のことでより普通について考えることができ、「普通になりたい」に囚われてた自分から少しずつ解放されてきた気がする。

店長が言っていた。
「俺は24歳の時にしんどくなくなったよ。」
と。

私も今年24歳になる。

自分のこと好きになって生きたいなあ。
自分のこと好きな人って私からしたら特別だから。

全く話変わるんですが、追記みたいな、
「今月のおいしい」をこれから記します。

食べ物:黒糖タピオカ
お店:謝謝珍珠(しぇいしぇいぱーる)
場所:沼津の北口のマックの隣の隣

もちもち甘々のタピオカが美味しいです。
かなり甘めだと思いますが、私は好きです。
写真はMサイズ。美味しくて既に2回行きました。
ゴンチャも飲みましたがタピオカが美味しくなくて、業務スーパーのタピオカって感じです。味がついてない。
たぶんゼリー系の方が美味しいんだと思います。
次は三島の広小路にあるゴリラティーに行ってみたいです。
紅茶が飲めないので、黒糖のタピオカ知ってる人いたらTwitter @yufu_0125までお願いします〜!

それではまた〜〜!!

 

 

前の記事へ

シリーズ「元アルバイターゆうの生活」の記事一覧